試験に合格しただけでは救急救命士にはなれません。 実際に必要な勉強や学校、そして実務経験などの実態を詳しく解説しています。 尊い命を守る仕事に興味を持ったあなたに読んで欲しい。

スポンサードリンク

救急救命士とは?その存在。

救急救命士とは、病院に到着するまでの間に救急患者に対し、救急車において
医師の具体的な指示の下で救急救命処置が出来る資格です。
手本はアメリカなどのパラメディック制度にあり、病院前救護に位置づけられています。
救急隊の運用は消防であるため、救急隊員そのものは搬送先の病院と組織的な連携はしておらず、
また、救急隊員は長期にわたり病院への搬送しか許されず、医療行為の実施がほとんど認められていませんでした。

しかし、病院へ到着する前段階での救急医療の質を向上させる目的で救急救命司法が成立。
それは1991年4月23日のことでした。そして同年8月15日に施行されます。
全国の自治体に存在する消防機関に配置されている救急隊には、
最低一名が常時乗車できる事を目標に整備されています。

また現在でも改善、整備が進められており、救急救命士を含めた救急隊員が
救急活動を行う上で医学的な質を保障するために、各地域の医療圏ごとで
メディカルコントロール体制の充実がはかられています。

救急救命処置においては、心肺停止状態に陥った障害者に対して行える処置として
気道確保や静脈道確保などのように特定器具を用いるものが存在します。
また、認定を受けた救急救命士だけに許される処置として、2004年には気道挿管が
2006年にはアドレナリンの投与が追加されました。

救急救命士が活躍する現場となる救急車には装備などによってある程度の分類があり
高規格救急車と呼ばれるものもあり、なかには複数のベッドを搭載している車種も存在します。

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

救急救命士の資格と実態:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://sikakunotobira.com/kyukyukyumeishi/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

  • seo
SEO対策済みテンプレート