高卒者が救急救命士になるためには

救急救命士は厚生労働大臣に認定された国家資格です。
また、救急救命士法により資格基準が定められています。
救急救命士を選考するための国家試験は年に一回行われており、
高校卒業者の場合の受験資格は、学校もしくは救急救命士養成所で
救急救命士になるために必要な知識及び技術を習得していることです。

スポンサードリンク

この場合は文部科学大臣指定の救急救命士を要請する専門学校で必要な知識や技術を習得し
厚生労働大臣が認定している国家試験に合格することが条件となります。
ただし、救急救命士として活躍するためには、救急隊員としての資格も必要となります。

救急救命士と救急隊員とは別の資格なのです。

救急救命士国家資格の試験は平成17年度まで年間3回の実施でしたが、
平成18年度から他の医療関連国家資格と横並びになり
3月末の年に1度となり、合格発表は4月となります。

救急隊員というのは、地方自治体に勤務する消防官ですので、必要な知識と技術を学校で習得し
消防官の採用試験に合格する必要があります。
救急救命士の国家資格に合格しただけでは、救急車に乗車して活躍することは出来ないわけです。

すなわち、救急救命士になるためには2つの試験に合格しなければならないということです。
各自治体で行われる消防官採用試験に受かってから救急救命士の資格を取る方法でも
救急救命士の国家試験に受かってから消防菅野採用試験を受験する方法でも
順番はどちらでも構いませんが、どちらか一つでも欠ければ救急隊員として働くことは出来ません。

意外に思われたかもしれませんが、人の命を救うための緊迫した現場で任務を果たすためには
簡単に取れるような資格では成り立たないと言えるでしょう。

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

救急救命士の資格と実態:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://sikakunotobira.com/kyukyukyumeishi/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

  • seo
SEO対策済みテンプレート