秘書技能検定という資格

秘書は女性の仕事とは限りません。
男性の秘書ももちろん沢山いらっしゃいます。

スポンサードリンク

では秘書の仕事とは具体的にどのようなものなのでしょうか?

スケジュールの管理だけが秘書の仕事ではありません。
来客への応対や上司のためのスピーチ文の草稿
その他文書の作成や事務処理などなど、
地道な作業とともに、即座の判断が必要な
柔軟性も必要なのが秘書という職業です。

資格がなければ秘書をすると罰せられる...
等ということがあるわけではありませんが
実は秘書に関する公的資格として
かなり細かく等級を分けられた
「秘書技能検定」というものがあります。

3級から始まり、2級、準1級、1級
となっています。

合格率は3級だと70%ありますが、
準1級と1級ではわずか25%の狭き門となっています。

こういった資格があるだけに、
秘書として就職している人々の多くは
2級以上を取得しており、転職などにも有利な効果を得るためには
やはり準1級や1級を取得しておきたいものです。

独学でも2級くらいまでなら取得の可能性がありますし
短大の中には秘書技能検定取得を織り込んで
授業を行うところもあるため、3級や2級の取得者は
そう稀少というわけでもないという現実があります。

しかし、秘書技能検定に合格するためには
OA機器の操作や文書作成能力だけでなく
一般常識の他にも言葉遣いや気配りなどのマナーも
身に着ける必要がありますので、
秘書にこだわることなく様々な業種に対応できるような
知識と技術が身に付く有益な資格と言えるでしょう。

準1級や1級ともなるとその試験の難易度は格段に上がるため
通信講座や専門スクールなどで学ぶ方が
効率よく取得のための勉強が出来るはずです。

準1級と1級の試験には面接試験も加わり
より実践面に則したロールプレイング審査が取り入れられています。

ロールプレイングとは「役を演じる」という意味であり
あなたの秘書としての能力を試験管が見極めるテストとなります。

こういった要素を鑑みても
やはり独学での取得は
少々道が険しいと言えるでしょう。

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

就職への資格たち:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://sikakunotobira.com/shuushoku/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

  • seo
SEO対策済みテンプレート