助産師の資格

助産師は妊婦の出産に立ち会い、介助するのが
主な役割ですが、産婦人科に勤務するケースだけではなく
保健所などで地域の妊婦の相談を受け付ける
と言ったような活躍の場もあります。

スポンサードリンク

その他、出産時のみではなく産後の母親の悩み
例えば乳房のマッサージや育児指導など
赤ちゃんの入浴のさせかたを教えたり
栄養面での知識を伝えたり...と
なかなか多岐にわたる仕事内容が存在ますので
やりがいもかなりのものではないでしょうか。

助産師や医師の不足、設備の不足で
妊婦がたらい回しにされるケースが
良く報道されていますが、妊娠、出産において
助産師は大切な役割を果たします。

陣痛から出産までの時間は人によってもバラバラですので
わずか数時間の打ちに出産する人もいれば
十数時間を要する場合もあります。

助産師や医師の数が十分でないために
家の近くの病院では出産がかなわず、
遠くの病院まで通ったり、遠くの病院で入院したり
といったケースが目立ちます。

一方で出産に対する考え方も多様化が進んでいるため
自宅での出産や自然出産を望む産婦が増えているようです。
こういった妊婦の希望に応えるためにも
助産師の果たす役割や可能性は非常に大きく
需要の高まりが大きい職業と言えるかもしれません。

命に関わるお仕事ですからプレッシャーも相当でしょうし
ハードな面も数多く存在しますが、妊産婦との信頼関係を築き
頼られる存在となることはやりがいを
強く感じさせる要素となるでしょう。

収入面でも一般的には看護師と比べても月収で
数万円ほど高くなるようです。
年齢を重ねても続けられる職業として
まさに『手に職』の資格と言えるでしょう。

合格率はほぼ100%という状況でもありますから、
難易度は低めなのかも知れません。
普段からきちんと準備していれば落ちる可能性は低いと言えます。

取得するにあたっては
まず看護師試験への合格。または
看護師国家試験の受験資格があって、
なおかつ文部科学大臣指定校で6ヶ月以上の学科を修了する。
その他の流れとしては
助産師養成所(厚生労働大臣指定)の卒業
もしくは、助産師国家試験の合格です。
ただし、助産師国家試験の受験には
厚生労働大臣に認可を受ける必要があります。

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

就職への資格たち:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://sikakunotobira.com/shuushoku/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

  • seo
SEO対策済みテンプレート